北海道冬紀行 -2017 廃止駅巡り 前編-

今度のダイヤ改正で廃止となる駅。先月の北海道遠征で無くなる10もの駅をすべてレンタカーで巡ることが出来ました。せっかくなのでその全てを二回に分けてお伝えしようと思います。

新千歳空港でレンタカーを借りて道央道を南下。途中室蘭本線北舟岡駅で数本列車を撮り、その後再び南下するのに時刻表を眺めるとちょうど函館本線蕨岱駅にやって来る列車に間に合いそうだと思い、黒松内ICに出て国道5号線へ。去年のダイヤ改正より一気に本数が減って日中の列車が実質一往復となってしまった通称山線。長万部駅からやって来る下りが二つ先の熱郛駅で上り列車と交換するので、これを使って降りて、そしてまた乗る鉄道ファンが多く見られました。この駅は周辺はほとんど民家もなく、国道から黒松内市街地へ行く道道の分岐点ぐらいしか見どころはありませんが、実はJRの駅名で五十音順で一番最後に来る駅。最初に来る山陽本線相生駅から蕨岱駅へ「あ→わ」の旅をした方もいらっしゃるかもしれません。ちなみにこの駅が無くなると、JRの駅名で五十音順で一番最後に来る駅は京浜東北線の蕨駅となります。

170301-1

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
函館本線 蕨岱駅にて

長万部ICから国縫ICまでひと区間高速を走り、次は北豊津駅へ。駅への入口を間違えて踏切を渡ってしまい、駅裏に来てしまいましたが、こちらからも入れるので結果オーライ。この駅裏には一軒の民家があって駅から徒歩0本ほどの立地条件。でも使っていないようなので廃止されてしまうんですね。ちょうど札幌行き特急「北斗」がやってくるので、除雪して出来た雪山より軽く見下ろす感じで駅全体と一緒に絡めてみました。

170301-2

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
函館本線 北豊津駅にて

ここからしばらく国道5号線を走りましたが、途中去年のダイヤ改正で廃止された鷲ノ巣駅跡をちょっと見てきましたが、ホームも待合室も無く、ここに駅があったことすらわからない状況。たった一年でこうなってしまうことに脱力感を覚えつつ、森駅を過ぎて姫川駅へ。実は車で姫川駅に来たのは初めてで入口がわからず、ウロウロしてしまいましたが何とかたどり着き、普通列車と貨物列車の交換を撮影。そして隣の東山駅へ向かいました。ここは確か学生時代一回降りたことがあるけど、いかんせんフィルム時代だったので目的の列車以外あまり撮影しておらず。気がついたら廃止寸前にようやく記録することが出来ましたが、乗降場が昔の枕木で作られているのをこの時初めて知ったほど。訪問がちょっと遅すぎました。

170301-3

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
函館本線 東山駅にて

翌日は早朝より始動。まずは森発函館行き一番列車を姫川駅で。ここも下り貨物列車と交換するのでしばらく停車します。天気が良く、駒ケ岳もきれいに見えます。旭日が上がる前のブルーモーメントを狙って行ったわけではないけど、思惑以上のものを撮ることが出来ました。この駅もまた学生時代何度か降り立ち、函館本線の列車を駒ケ岳バックに良く撮影した思い出のある駅。恐らく駅として廃止後も信号場として残るでしょうけど、ホームも待合室も壊され、立ち入り禁止になることでしょう…。

170301-4

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
函館本線 姫川駅にて

今度は森発長万部行き一番列車を狙いに桂川駅へ。今回のダイヤ改正で森町から姫川駅、東山駅、そして桂川駅の三つが一気に廃止されてしまいます。この駅は漁港が目の前で集落も点在している中での駅廃止。ちょっと信じられない気持ちでいっぱいです。国道から離れていて地元でなければまず通過してしまう駅で私も訪れたのは実は初めて。朝焼けの駒ケ岳をバックに入線する普通列車を撮ることが出来ましたが、ここも廃止されたらここから撮ることは出来なくなるんだ、という思いが強くのしかかりました。それぞれ思い入れのある駅や意識しなければ何とも思わない駅もあるでしょうけど、今のJR北海道の状況を考えると、駅の一つ一つをもっと大事に意識しないといけないな、と。そして何の変哲もない駅の光景を記録することがいかに大事なのか痛感させられました。

170301-5

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
函館本線 桂川駅にて

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村(クリックで応援お願いします)
[ 2017/03/01 12:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

北海道冬紀行 -2017 車両編-

今年もまた北海道で冬を過ごすことになりました。以前のような網走で一ヶ月以上滞在する訳ではなく、去年同様「さっぽろ雪まつり」の撮影を兼ねて札幌滞在となりました。一月末から長野県志賀高原へスキースクールの撮影が終わった翌日には北海道入り。二月はほとんど雪国での生活となりました。という訳で、備忘録的に簡単に足跡をたどりながら道中で撮影した新作もお見せしたいと思います。

雪まつりが始まる二日前に新千歳空港に着いてすぐさまレンタカーを借りてまずは道南を目指しました。一番の目的は今月で北海道での運行を終える寝台特急「カシオペア紀行」の撮影。北海道新幹線開業後、団体列車としてJR貨物の機関車を借りて運行していましたが、この組み合わせを撮ったことがなく、そして道南は今度のダイヤ改正で一気に五つも駅が廃止されるので、それの巡礼も含めた行程を組み込んで撮影することが出来ました(駅シリーズはまた後日書きたいと思います)。

170228-1

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
函館本線 中ノ沢~長万部にて

カシオペア紀行」撮影後の一週間は「さっぽろ雪まつり」の雪像前での撮影に明け暮れていました。しかしその後悪夢が待っていました。何と雪まつり終了直後にインフルエンザに感染してしまい相方実家で寝泊まりをしていたのでそこで一週間隔離生活。
ホントは道北・道東方面へ取材へ出かける予定でしたが、一週間棒に振ることに。そして隔離明けには友人が石狩月形駅前で写真展をやっていることもあって、リハビリを兼ねて札沼線の旅に出かけました。病の明けた汽車旅はとても快感でした…(笑)。

170228-2

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
札沼線 石狩月形駅にて

本来この日は札幌にいる予定ではなかったけど、「カシオペア紀行」が札幌にやって来る日だったので友人の車に乗せてもらい上野幌で撮影。その後どうしても行きたかった場所、苗穂跨線橋へ。ダイヤ改正でキハ183系からキハ261系に置き換わる特急「サロベツ」と、ダイヤ改正後も車両は継続するけどスラントノーズのキハ183系は少なくなるであろう特急「オホーツク」の並びをどうしても撮りたくて出向きました。実は過去5回ほどここでチャレンジしておりますが、札幌行き特急「オホーツク2号」が5分遅れると入庫時刻の関係で特急「サロベツ」が手前に来てしまい並びを撮ることができず、この日が最後のチャンス。幸いほぼ定刻に列車がやってきたので、何とかこの並びを撮ることが出来ました。ここの跨線橋も苗穂駅工事の関係で撮れなくなる可能性もあります。

170228-3

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
函館本線 苗穂運転所にて

苗穂運転所での並びを撮り終えた後は特急「スーパーカムイ」に乗って旭川へ行き、そこからレンタカーで移動。石北本線宗谷本線で特急列車を中心に撮影し、気が付いたら宗谷本線のラッセル車が来る時刻。降雪もあまりなかったのであまり期待をせず有名撮影地の恵東橋へ向かいましたが、思いの外雪を掻いてくれ、集まっていた約30人ほどのカメラマンたちは大喜び。個人的には機関車にもっと雪が付着していてほしかったけど…(汗)。

170228-4

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
宗谷本線 日進~北星にて

今回の道北・道東取材で一番の目的は、今年よりノロッコ号に替わって新しく運行開始された釧網本線「流氷物語号」。既存のキハ54型をペイントして内装もちょっと替えた程度ながら手作り感がいっぱい施されてあって、むしろ好感が持てる車両。地元沿線のボランティアがすすんでガイドを務めたり物販販売をしたり、マイレール意識がとても詰まった列車でした。みんなから愛される列車になるよう期待したいですね。釧網本線では二日間取材して、もちろん「流氷物語号」の列車にも乗っていろいろ撮影してきました。その後釧路や帯広を経由して旭川空港から帰路につきました。約三週間の北海道滞在となりました。

170228-5

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
釧網本線 北浜駅にて

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村(クリックで応援お願いします)
[ 2017/02/28 21:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

駿河富士五景

厳しい冬型の気圧配置が緩むのを見計らって富士山を撮りに静岡県まで行って来ました。案の定、風も雲も無い晴天!あまりにも気持ちが良かったので、一日で静岡県内にて撮影した富士山と鉄道を絡めた五景を一気にご紹介します。

日の出直後は東海道新幹線にて朝焼けの写真を撮りに行き、いったん御殿場方面へ戻りました。新宿行き特急「あさぎり2号」が順光の良い時間に御殿場駅を出るので、有名な撮影地狩屋踏切にて狙いました。沿線には約10名ほどのカメラマンたちが構えていましたが特急通過後は一斉退散。私はこの後やって来る普通電車も二本撮影。

170126-1

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
御殿場線 足柄~御殿場にて

伊豆縦貫道を使って修善寺行き特急「踊り子」を狙いに伊豆箱根鉄道へ。沿線に着いて車を停めて踏切に行くとちょうど普通電車がやって来ましたが、西武鉄道を彷彿させるリバイバルカラー(?)の車両がいきなり来てビックリ。こんな電車が走っていたなんて全く知らなかったので…(汗)。

170126-2

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
伊豆箱根鉄道 三島二日町~大場にて

朝に行った東海道新幹線の富士山バック撮影ポイントに行くと多くのカメラマンたちがすでに集結。この日は「ドクターイエロー」が走る日で、しかもこんなにきれいな富士山が雲一つない状態で見えていたので条件は最高!もちろん私も撮影しましたが、ここではあえてN700系同士のすれ違いシーンをご披露いたします。

170126-3

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
東海道新幹線 三島~新富士にて

「ドクターイエロー」を撮り終えて、すぐ近くを走る岳南電車も撮っておこうとまずは比奈駅に向かいました。貨物列車が廃止されて久しくなりましたが、比奈駅構内の貨物用入れ替え線路ははがされてコンクリートで固められた状態。機関車は今も岳南富士岡駅に留置されていましたが、もう動くことはないのでしょうか…(汗)?

170126-4

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
岳南電車 吉原~ジャトコ前にて

そして最後は由比宿の薩埵峠へ。実は普段夜明け前に通過するはずの寝台特急「サンライズ出雲」が伯備線の大雪などで大幅遅れで東京に向かっているという情報を聞き、影の心配もあったけど一か八か薩埵峠へ。残念ながらみるみるうちに影が線路に忍び込み、高速連写した中で唯一車両と面に光が当たっているカットは架線柱や碍子にモロ被り。影の部分をD-ライティングで明るくする方法もあったけど、まあこれはこれで仕方ない、と諦めようと自分に言い聞かせています。ちなみに「サンライズ」がやって来る10分前はご覧のようにまだ線路に日は当たっていました。ちょうど貨物列車同士が良いタイミングですれ違ったのでこちらを採用しました。

170126-5

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
東海道線 由比~興津にて

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村(クリックで応援お願いします)
[ 2017/01/26 22:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

「TRAIN SUITE 四季島」東海道線試運転

横浜のヨドバシカメラに行くついでに特急「踊り子」でも、と思って一応機材を抱えて東海道線に乗り込んだら、各駅ホーム先端やら線路際に多くの鉄ちゃんがいたから、何が来るんだろう、と思って行ったらまさかの「四季島試運転だったと。しかも貨物迂回もあって(聞くところによると根岸線で甲種回送もあったそうな)、わずか一時間の間に前菜の「四季島」、主食の「踊り子」、そしてデザートのEF64牽引貨物迂回という、私にしては珍しくネタ三昧フルコースでした(笑)。
以前この車両の甲種輸送は撮ったことがあるけどフル編成で走行シーンを見たのは初めて。なかなかクセのある車両だけに、何度も撮らないとその良さがわからないですね。

170117

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(×1.5クロップ)
東海道本線 東神奈川~新子安にて

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村(クリックで応援お願いします)
[ 2017/01/23 10:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

関西遠征

2017年になりさっそく旅行でも…、と思っていましたが、いろいろあってまずは仕事絡みで関西遠征へ。当初は青春18きっぷを使って往復しようかと思っていましたが、発売が去年末までだったのをすっかり忘れていたので、「ぷらっとこだま」すら使えず至って普通に新幹線で往復。でも時間をお金で買った、と言いますか、三日間でゆっくりと大阪の街を撮り歩くことが出来ました。その様子をちょっとご紹介。

まずは去年末に新型車両323系が運用を開始した大阪環状線へ。京橋駅にたどり着くと早速323系と遭遇、少し半逆光気味になるけど福島駅で走行写真を撮影。ここは400mmで撮れば編成がきれいに写りますね。そしてそのまま乗車しましたが、とても乗り心地が良くていつまでも乗っていたい気分でしたが、残念ながら天王寺駅で下車。

170109-1

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
大阪環状線 福島~野田にて

天王寺駅より阪堺電車に乗り換えて住吉大社へ。毎年初詣の季節では多くの参拝者で賑わうそうで、路面電車とその賑わいの様子を一度撮ってみたいと思い、行ってみました。ピークは過ぎた新年4日に訪れましたが、境内のお祭りはその日までやっていたので、滑り込みセーフ。ただ、去年1月に廃止された住吉公園までの支線に行くことができず、古豪車両もあまり運用されなくなってしまって時すでに遅し感がいっぱいでした。でもキティちゃん装飾の「HELLO KITTY LOVES すみよし」ラッピング電車もやってきてくれたので、まあ良かったです。

170109-2

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
阪堺電気軌道 住吉鳥居前にて

関西遠征最終日は阪神電車に乗って神戸方面へ。実は阪神電車は私が高校生の頃、母校横浜高校が甲子園に出場するのでその応援に行くのに乗って以来。卒業からすでに25年以上経っていて見たこともない新車ばかり走っていて浦島太郎状態でしたが、武庫川線に今もなお昔の車両が走っていると聞いたので行ってみました。片扉3ドアの懐かしいカラーリングの車両を見ると、ああ阪神電車ってこの色だよね、と思う反面、関東の人間からしたら思いっきり小湊鐡道にしか見えなかったり…(笑)。

170109-3

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
阪神電気鉄道武庫川線 武庫川~東鳴尾にて

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村(クリックで応援お願いします)
[ 2017/01/09 22:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

2017年スタート

170101

新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

実は生まれて初めて初日の出を見に行ってきました。朝が弱いせいでなかなか朝の活動が疎かになっていましたが、ちょっと気合い入れて家族で江ノ電沿いの七里ヶ浜海岸へ。昨日の大晦日も鎌倉高校前駅で2016年最後の日の入りを見ただけに、ちょっと感慨深い初日の出となりました。幸先の良いスタートが切れた感じです。この調子を一年間維持できるかが課題ですが…(汗)。

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
江ノ島電鉄 七里ヶ浜~稲村ヶ崎にて

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村(クリックで応援お願いします)
[ 2017/01/01 23:30 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

只見線復旧!そして…、

2011年7月に起きた新潟・福島豪雨によって3本もの鉄橋が流されてしまった只見線会津川口~只見。以来ずっと不通となってしまいバスによる代行輸送が続いていました。あれから5年半ほど経ち、本当に復旧するのか、ひょっとしたらこのまま廃線か、という雰囲気もありましたが、地元の強い要望により上下分離方式による鉄道での復旧がようやく決まりました。沿線自治体で赤字部分を埋める覚悟があっての復旧ということを忘れてはいけません。

私は2001年に蒸気機関車が復活運転して以来、沿線の魅力に取りつかれて幾度となく通い、当時の「team只見」や現在の「写好景嶺」のメンバー、そして沿線で出会った仲間たちと共に只見線の四季折々の情景を発信してきました。今回の復旧発表を心待ちにしていた仲間も多いことでしょう。それと同時にここからがスタートだと自負する気持ちもまたみんな同じでしょう。奥会津振興のためにみんなで知恵を出し合って、どうしたらいろんな人に只見線に来てもらえるか考えていきたいです。

実は先日「只見線ミーティング」で発言したかったけど時間の都合で言えなかった素人なりの提案なのですが、よくある観光列車(リゾート列車)を只見線でも運行。ただし新製や改造は余計なお金がかかるので、先日新型車両導入で働き場を失った五能線「リゾートしらかみ」のブナ編成をそのまま只見線に導入。それを二両ずつに分けて、郡山始発と浦佐始発の片道ずつ新幹線に接続する形で運転する案。また会津柳津駅の使われていないホームをカフェ等で活用。春になればそこから満開の桜や列車そして駅舎を眺望する案などなど。実現可能か不可能かは分からないけど、いろいろ面白いアイディアを出していきたいですね。

161226-1

Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
只見線 会津川口~本名にて(※水害直後の只見川第五橋梁)

今夏訪れた不通区間の本名駅。実は私が只見線で一番好きな場所。集落の中に駅があって線路と人の営みが一体となる光景が見られます。列車が走っていた頃はそれなりに人気も多く、何度となくスナップ撮影をさせてもらいましたが、草むらに埋もれた錆びた線路の現在の駅周辺はとても物静か。多分に漏れず本名集落も高齢化が顕著に表れています。かつての賑わいは果たして戻ってきてくれるでしょうか…(汗)?

161226-2

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
只見線 本名~会津越川にて

被災区間ではありませんが、只見線の魅力を全世界に知らしめた只見川第一橋梁。三島町が登山道を整備して誰もが気軽にこの光景を眺望できるようになりました。私が最初に訪れていたころとは大違い。沿線の熱意がここまでさせています。末永く愛される只見線を作り上げるために、これからも只見線の魅力を発信していきたいです。

161226-3

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
只見線 会津桧原~会津西方にて
[ 2016/12/26 22:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)