SL会津只見紅葉号 7

071110


日の傾く頃、ススキのなびく踏切で列車を待った。遠く直線のレールには柔らくも鋭い斜陽の光が幻想的に光っていた。やがて会津柳津駅の出発の汽笛が聞こえ、軽やかなリズムのジョイント音を響かせながら機関車はやってきた。来年もまた元気な姿で奥会津路を走ってもらいたいと願いながらシャッターを切った。

只見線 会津坂本~会津柳津にて 【D200にて撮影】
関連記事
[ 2007/11/10 07:00 ] 汽笛協奏曲 | TB(-) | CM(5)

Re:

★ぱれお様

光線はある程度狙いはありましたが、煙ばかりは流動的ですね。
うまくいく場合もあるしいかない場合もある。
今回は程よい煙がかえってよかったように思えます。
[ 2007/11/15 23:18 ] [ 編集 ]

煙が良い感じになりましたね。
紅葉の時期にススキを選ぶのは結構勇気いりますが、結果は素晴らしいことに。。
[ 2007/11/14 07:46 ] [ 編集 ]

Re:

★ネロリ様

朝からの訪問本当にありがとうございます。
汽車の持つ独特の雰囲気を協奏曲という形で感じ取っていただけたら望外の喜びです。

★水無月様

空気感。これは私の撮影の大事なテーマの一つです。
いかにその場の雰囲気を伝えられるか。案外難しいですね。
一部分でも感じ取っていただけたらうれしいですね。
[ 2007/11/13 00:57 ] [ 編集 ]

空気感

ebitksさまの一番の特徴(←勝手に)は、独特の空気感にあるように思っています。
これも何とも言えない空気感+光の具合でebi様らしい作品だと思います。

光るレース、光る蒸気、そして煙でけぶった感じ。
ヨイなぁ…
[ 2007/11/10 15:36 ] [ 編集 ]

おはようございます。

毎日7時に更新されておりますので、
朝の巡回ルートはebitksさんのブログが一番最初です(笑

いつも同じようなコメントになってしまいますので
ついつい見逃げ傾向にありますが、
どれも本当に汽笛協奏曲v-341という感じで魅了されております。

カッコイイですね。
[ 2007/11/10 07:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する