北海道新幹線開業一周年

早いもので本州と北海道を結ぶ北海道新幹線(新青森―新函館北斗)が開業して一年が経過しました。開業当日は澄み渡る青空での出発だったのを鮮明に覚えています。その時の一番列車「はやぶさ10号」は沿線で撮影したので、開業一周年の一番列車は始発の新函館北斗駅で迎えました。しかもこの入線シーンを撮るだけのためにレンタカーを借りて移動(函館に宿泊して「はこだてライナー」で電車移動すると画面左にあるように同時入線してしまうので…)。一年前の時よりは雲は多めだったけど朝陽が駅構内に降り注ぎ、あの時の出発式の光景が思い出されます。

170326-1

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
北海道新幹線 新函館北斗駅にて

新函館北斗駅では開業一周年の記念式典が行われ、北海道知事やJR北海道社長ら多くの来賓が出席。地元小学生たちと一周年を祝ってケーキ入刀もありました。北海道新幹線H5系を模ったケーキにナイフを入れるとき、子供たちがもったいなさそうに悲鳴を上げていたのが印象的でしたが、その後無事食べられたかな(笑)?

170326-2

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
北海道新幹線 新函館北斗駅にて

その後東京駅からやって来る「はやぶさ1号」を出迎えるべく一行はコンコースへ。法被を着た北海道知事やJR北海道社長に声掛けして写真を撮らせてもらいました。それにしてもそんなに広くないコンコースに地元観光協会や諸団体、そして来賓や報道陣で溢れ返り、新幹線から降りてきた乗客たちはビックリした様子。ちなみに某局のインタビュー中に私が横切った姿が映ってしまい、またもや北海道鉄道関連のニュースネタになってしまいました…(笑)。

170326-3

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
北海道新幹線 新函館北斗駅にて

話は少しさかのぼり、北海道新幹線開業一周年の当日、普段見慣れない列車が北海道にやって来ました。JR東日本の豪華列車「TRAIN SUITE 四季島」の試運転でした。前日に友人から北海道へ行くという情報が入り、レンタカーで車中泊。まだ3月なのでもちろん暗かったですが、ISO25600まで上げて夜明け前の5時過ぎに新幹線との共用区間を走る「TRAIN SUITE 四季島」を撮影。その後貨物列車と交換のため道南いさりび鉄道釜谷駅で停車するので追いつきここでも撮ることが出来ました。しかし北海道新幹線新函館北斗駅での撮影を優先してひとまずここで終えました。

170326-4

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
道南いさりび鉄道 釜谷駅にて

道内の友人の情報で函館駅を12;24ごろ出発して札幌方面に向かうと聞いたので、ある場所で撮影しようと決めました。そこは藤城線と北海道新幹線それぞれの高架橋が見渡せる俯瞰ポイント。その時刻通りに走ればひょっとしたらここを「四季島」が通過するのが20分後。そして新函館北斗駅を12;44に発車する「はやぶさ22号」と被るかも、と予想。道路はまだ陶器通行止めだったので麓から30分かけて歩いてたどり着きました。結果は…、わずか1分差で被らず。画面左下にはすでに通過中の「四季島」そして画面右上の車両基地の建物の後ろにH5系の緑が何とか見えますが、もう少しお互いの時間が詰めていれば、ベストポジションで被っていたのに、そうはうまくいきませんね。同時刻で本運転してくれたらまたチャンスはあるかな?

170326-5

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
函館本線 七飯~大沼にて
関連記事
[ 2017/03/26 21:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する