只見線復旧!そして…、

2011年7月に起きた新潟・福島豪雨によって3本もの鉄橋が流されてしまった只見線会津川口~只見。以来ずっと不通となってしまいバスによる代行輸送が続いていました。あれから5年半ほど経ち、本当に復旧するのか、ひょっとしたらこのまま廃線か、という雰囲気もありましたが、地元の強い要望により上下分離方式による鉄道での復旧がようやく決まりました。沿線自治体で赤字部分を埋める覚悟があっての復旧ということを忘れてはいけません。

私は2001年に蒸気機関車が復活運転して以来、沿線の魅力に取りつかれて幾度となく通い、当時の「team只見」や現在の「写好景嶺」のメンバー、そして沿線で出会った仲間たちと共に只見線の四季折々の情景を発信してきました。今回の復旧発表を心待ちにしていた仲間も多いことでしょう。それと同時にここからがスタートだと自負する気持ちもまたみんな同じでしょう。奥会津振興のためにみんなで知恵を出し合って、どうしたらいろんな人に只見線に来てもらえるか考えていきたいです。

実は先日「只見線ミーティング」で発言したかったけど時間の都合で言えなかった素人なりの提案なのですが、よくある観光列車(リゾート列車)を只見線でも運行。ただし新製や改造は余計なお金がかかるので、先日新型車両導入で働き場を失った五能線「リゾートしらかみ」のブナ編成をそのまま只見線に導入。それを二両ずつに分けて、郡山始発と浦佐始発の片道ずつ新幹線に接続する形で運転する案。また会津柳津駅の使われていないホームをカフェ等で活用。春になればそこから満開の桜や列車そして駅舎を眺望する案などなど。実現可能か不可能かは分からないけど、いろいろ面白いアイディアを出していきたいですね。

161226-1

Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
只見線 会津川口~本名にて(※水害直後の只見川第五橋梁)

今夏訪れた不通区間の本名駅。実は私が只見線で一番好きな場所。集落の中に駅があって線路と人の営みが一体となる光景が見られます。列車が走っていた頃はそれなりに人気も多く、何度となくスナップ撮影をさせてもらいましたが、草むらに埋もれた錆びた線路の現在の駅周辺はとても物静か。多分に漏れず本名集落も高齢化が顕著に表れています。かつての賑わいは果たして戻ってきてくれるでしょうか…(汗)?

161226-2

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
只見線 本名~会津越川にて

被災区間ではありませんが、只見線の魅力を全世界に知らしめた只見川第一橋梁。三島町が登山道を整備して誰もが気軽にこの光景を眺望できるようになりました。私が最初に訪れていたころとは大違い。沿線の熱意がここまでさせています。末永く愛される只見線を作り上げるために、これからも只見線の魅力を発信していきたいです。

161226-3

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
只見線 会津桧原~会津西方にて
関連記事
[ 2016/12/26 22:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する