留萌本線区間廃止当日を迎えて

2016年12月4日、留萌本線留萌~増毛間の区間が廃止されました。利用者数が特に少ない区間なうえに雪崩等の自然災害と常日頃隣り合わせだった箇所が多かっただけに、廃止やむなしという声が多かった中、私も含め多くの方が最後の光景を一目見ようと現地に集いました。
私は朝一の羽田空港発の飛行機で新千歳空港入り、JRを使って岩見沢まで出て、そこからレンタカーで移動。遅延もなかったので予想以上に早く留萌駅について臨時列車の留萌駅到着を念願だった第10留萌川橋梁で撮ることに成功。幸先のいいスタートでした。輸送力増強で深川駅から留萌駅まで四両編成でやって来た列車は留萌駅で半分に切り離し、片方は増毛行き、もう片方は深川行きに分かれて運行。しかし満員御礼となった二両編成の増毛行きは各駅での乗降に手間取り、遅延が徐々に発生。結果レンタカーで悠々追い越しが可能となり、留萌~増毛間で同じ列車を俯瞰含め4回も撮ることも出来ました。うまい具合にこの列車の時だけ晴れてくれて何とラッキーだったことか!

161214-1

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
留萌本線 箸別~増毛にて

15時ごろには増毛駅でお別れセレモニーが開催されるのでプレス席で報道陣と一緒に構えるも、列車がすでに30分以上も遅れて運行しており、だんだんと暗くなる中やきもきしながら列車を待ちかまえました。最初はいらないだろうと思っていたストロボも必要と判断して急きょ車に取りに戻り、それまで取ってあったポジションが取られていたらどうしようかとヒヤヒヤしましたが、そこは何とかなりました。そして列車が到着して増毛町のマスコットキャラが町長と運転手に花束贈呈という一番の見せ場を無事撮影。この写真は目線はこちらに来ていないけど、他のカメラマンのストロボが同調して良い具合に光が回ってくれた偶然かつ会心の一枚(笑)。

161214-2

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
留萌本線 増毛駅にて

日が暮れて、こちらも予定より大幅に遅れて増毛駅に最終列車が入線。増毛町の住民が多く参加してペンライトで折り返しとなる最終列車の深川行きを盛大にお見送り。観光協会の協力で脚立を貸していただいたおかげでこのようなポジションを構えることが出来ました。私と隣にいた記者たちが「皆さん、もっと盛大にペンライト振ってぇ~!」と必死で叫んだおかげで光に包まれたテールライトをISO32000まで上げて捉えることが出来ました。そして運転手の笛が鳴り、甲高い汽笛が長く鳴り響き、増毛駅に二度と戻ってこない列車が旅立ちました。

161214-3

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
留萌本線 増毛駅にて
関連記事
[ 2016/12/14 23:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する