スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

留萌本線区間廃止 カウントダウン!

12月になり、留萌本線留萌~増毛間のカウントダウンが始まりました。いよいよ今度の日曜日が最終運行です。でも明日は暴風雪予報ですでに始発から運転見合わせだとか。本当に最後まで自然災害に悩まされた区間でした。

実は廃止日前日は横浜で夜遅くまで仕事のため、当初は行くのを断念していました。今秋の渡道した際も時間を作って無理やり行って一応のお別れをしたた感じでしたが、もちろん消化不良。かといって十分満足に撮れていない路線で今更ああ撮りたい、こう撮りたいなんて不可能。悔しいけど私の道内在住の仲間たちが素晴らしい作品をたくさん残してくれたので…。

しかしいろいろ考えたけど、やはり最終日は現地へ行くことにしました(当日一番の飛行機)。恐らくこれから始まるであろう、JR北海道路線大粛清の始まり。今回の廃止はその一つのポイントかと思います。どういう訳か深名線や江差線の廃止の時より悔しい気持ちがあまり湧きません。
ひょっとしたらもう後戻りができないのか、いや奇跡の大逆転はあるのか。今回の部分廃止を、他の路線を抱え込む沿線自治体はどのように考え、受け止めているのか。いろいろ探ってみたいです。

161201-1

Nikon D70s / AF-S NIKKOR DX 18-70mm f/3.5-4.5G ED
留萌本線 瀬越礼受にて

この写真はSL「すずらん号」が増毛駅まで入線した時のカット。2006年6月に撮影しています。学生時代から赤字ローカル線の切り捨て問題は付きまとってはいたけど、深名線廃止後は基本的には路線廃止はこれ以上ないだろうと思っていました。まさかこの写真を撮影した10年後に廃線を迎えることになるとは正直夢にも思いませんでした。

161201-2

Nikon D4 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
留萌本線 箸別~増毛にて

この写真は2014年、網走での長期仕事を終えて札幌へ普通列車で戻る途中に留萌本線に立ち寄って増毛駅まで乗車。Exifデータによると撮影時間は3月11日14;44。東日本大震災から三年経った時でした。車窓から海に向かって黙とうした記憶は今も残っています。

161201-3

Nikon D4 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
留萌本線 増毛駅にて

そして列車は増毛駅にて折り返し準備中。乗客もまばらながら青春18きっぷを使用した旅行者でそれなりに座席は埋まっていました。駅前はちょっとした雪山が出来ていたので軽く見下ろす感じに、そして後方の灯台も上手く入れて実は工夫した写真。

161201-4

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
留萌本線 箸別~増毛にて

そして今年10月に訪問して海をバックに簡単に撮影できる箸別の跨線橋。2006年6月訪問時にも同じようにここで撮影していましたがここからの光景はほとんど変わらずでした。ただ、あと少しでここで列車が走る光景は永遠に見ることができなくなります。

161201-5


Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
留萌本線 阿分舎熊にて

最後は、信砂のトンネル上にある丘より阿分の駅を望む、冬場は荒々しい日本海の波風を受ける絶景俯瞰ポイント。恐らく最終日は雪に覆われていることでしょう。
ちなみにこの時、ここでは撮影者が捨てていったであろうコンビニ弁当のゴミが散乱。あまりにもひどいので片づけましたが、食べた弁当の箱なんてビニール袋に入れて車に積んで持ち帰れば済むでしょう?何でそんなことすら出来ないのだろう、と目を疑うような光景に心底がっかりしました。路線廃止日はその焦りからか周りが見えなくなる傾向が多いので、自戒も含めて節度ある行動を心掛けたいですね。

関連記事
[ 2016/12/01 22:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。