北海道新幹線開業から半年経過

北海道新幹線が開業して今日で半年が経ちました。平均乗車率が39%という報道がありましたが、まあ順調に利用客が伸びていると言っていいでしょうね。札幌駅のホーム位置問題や青函トンネルでの貨物列車との共存、整備新幹線区間の最高時速制限による時間短縮など、今後札幌延伸時まで課せられた問題はまだまだ多いですが、長い目で見守っていきたいですね。

開業後、何度となく東京駅へ行って北海道新幹線H5系を撮影していますが、お気に入りの時間帯が「はやぶさ10号」入線から折り返し「はやぶさ17号」出発の時。その一連の中から数枚をご紹介します(※いずれもNikon D5で撮影。jpegリサイズのみ)。

160926-1

「はやぶさ10号」は東京駅21番線に11;04に到着。その4分前には同番線に「やまびこ・つばさ135号」が発車しているので、相変わらず東北・上越・北陸新幹線の東京駅の忙しなさが伺えます。ちなみにこの写真は反対側の22番線より焦点距離400mmの望遠レンズで撮影。順光でこうしたS字カーブを描くシーンを簡単に撮れるのは東京駅だけでしょうか。

160926-2

東京駅にやってくるH5系は全て秋田新幹線E6系が連結されています。私はよくあえてH5系の存在感を出すためにE6系はフレームアウトします。あの車両の鮮やかな赤色はとても目立ちますからね。そして色の質感を出すためにあえて露出をアンダー目(暗め)に撮ります。露出がオートだとここまで引き締まった色では撮れません。ちなみに東京駅の一号車より車端部は停止位置表記のポールがいっぱい立っている関係であまり撮りには出向きません。
また22番線にはE4系回送列車が11;16まで停車しています。この列車は8両編成なので、H5系+E6系の併結部分は撮ることができますが、この列車が出発した4分後にはE7系「かがやき506号」が入線しますが、こちらは12両編成のためH5系が完全に見えなくなってしまいます。対向列車がいない状態でホームの反対側からH5系を撮れる時間はわずか4分しかありません!

160926-3

そして少し上の寄りに移動して、新青森行となって出発する「はやぶさ17号」を焦点距離24mmの広角レンズで撮影。ここでも露出ワークには気を付けて、アンダー目に撮影します。ちなみにこの列車が出発した4分後にE5系「やまびこ130号」もやってくるので、同じ場所で違う帯色の車両を撮ることができます。
関連記事
[ 2016/09/26 22:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する