コンパクトカメラ

160229

本日NPS(ニコンプロサービス)から革製のネームタグがD5&D500のパンフレットと共に届きました。知り合いのニコンユーザーのプロカメラマン数人が同じようにアップされていたので私も一枚。こういったサービスは嬉しいですね。

さてそのニコンですが、今回のCP+ではやはりD5&D500が新製品の一番の目玉として注目されていましたが、それと同時に新しいコンパクトカメラDLシリーズが一挙に発売されることになりました。製品の概要を見ると、有効画素数は2081万画素、感度はISO 12800、動画は4K、Wi-FiやBluetooth内臓などなど、いっぱい詰め込んでおります。悪くないんだけど…、これは今までのCOOLPIXと違う高級コンパクトカメラという位置づけ?そして既存のNikon 1シリーズはどうなるの?あまり偉そうなことは書けませんが、ちょっとその辺の立ち位置がとても微妙に感じます。

今回CP+の会場では他社の様々なカメラも見てきました。面白いことに写真家の仲間たちの多くがオリンパスのPENシリーズを肩から下げているのをよく見かけ、逆に私のニコンV3が肩身狭く感じてしまいました。知人からは「コンパクトまでニコンにする必要はないんじゃない?」とか「もっといろんなカメラ使って勉強しなよ」とか言われるほど。確かに使うのは自分な訳だし、何を使おうが自由なのは当たり前ですが、何だか急にここだけ劣等感を背負ってしまったような…(笑)。

高級コンパクトカメラで気になるのはオリンパスPENもそうですが、フジのX-Pro2が非常に欲しくなるカメラ。特に35mm単体レンズを付けて「ACROSモード」というモノクロモードでスナップ写真を撮りたくなります。ただこのカメラはお値段がホントに高級で手が出ないのが難点…(汗)。

久々にカメラについて長く書いてしまいましたが、ニコンもそろそろDfの後継機が出てもおかしくないでしょうから、それをもっとコンパクトにしたような、「持つことの喜び」や「撮りたくなるような衝動」を欲するオシャレな機種が欲しいですね。ニコンさん、お願いします!(←結局ニコンだけかよ!)
関連記事
[ 2016/02/29 21:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する