シアターキューブリックPresents「ローカル鉄道演劇ナイト!」

いつもお世話になっているミュージシャンのオオゼキタクさんのお誘いで、『シアターキューブリック』という劇団のイベント「ローカル鉄道演劇ナイト!」にて簡単な写真のトークショーをさせてもらいました。ライブハウス会場内では身動きが困難なほど多くのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。

150831-1

シアターキューブリック』が来月香川県で開催される「ことでんスリーナイン」の舞台となる高松琴平電気鉄道ことでん)の沿線風景をトークを交えながら紹介。先日広島電鉄取材の帰りに高松へ立ち寄り、どんな絵が欲しいか自分の中で予測しながら撮影。そしてチョイスして会場に持ち込みました。「仏生山駅」「滝宮駅」「旧型レトロ電車」「車歴90年」「ことちゃん」「讃岐富士」「ため池」を紹介した私のトークの後に出演者の口からきちんとそれらのキーワードが出てきてひと安心。出演者の方々から讃岐富士をバックに一宮駅に停車中のことでんレトロ電車の写真を気に入っていただき嬉しく思いました。
それにしても私一人が淡々としゃべっていただけだったので、つまらなくなるかな、と思いきや、「ことちゃん」をペンギンと発してしまい、会場者(しかもデザイン原作者)から「イルカです!」とツッコミ入れられて大ボケかましたのはネタ的に良かったかな(笑)?

劇団メンバーの谷口礼子さんとはコンピアルバム「恋する鉄道」撮影でご一緒させてもらっていますが、今回改めて劇団『シアターキューブリック』の今までの活動履歴を知り、メンバー皆さんといろいろお話させてもらう機会ができましたが()、『ローカル鉄道演劇』という新しいスタイルの演劇に非常に興味を持ちました。私自身まだ観たことがないので上手く言えませんが、単純に演技するだけでなく、それが鉄道やその地域に何かしらの活力を加えることでしょう。今後の活躍が非常に楽しみな劇団です。9月には高松琴平電気鉄道(香川県)で、11月にはひたちなか海浜鉄道(茨城県)にてそれぞれ列車内で公演があるので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。詳しくは劇団劇団『シアターキューブリック』のホームページへ。

150831-2

最後に、今回のイベントを企画し、そして「ことでんスリーナイン」に音楽で演出するオオゼキタクさん、劇団団長で脚本家の緑川憲仁さん、個性豊かな劇団「シアターキューブリック」メンバーの皆さん、そして昨夜集った友人たち。本当にありがとうございました!
関連記事
[ 2015/08/31 19:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する