スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北斗星廃止報道

今回の北海道取材は「北海道全線フリーきっぷ」を使用して往復とも鉄路。往路は東北新幹線「はやぶさ」で、そして復路は数年ぶりに寝台特急「北斗星」にしました。個室は取れず普通のB寝台でしたが、それでも横になりながら音楽を聴いたりして寝台車の心地良い揺れを感じながら夜を過ごしました。

そして今朝、携帯端末に現れたニュース「北斗星、来春廃止」の文字!まさに今乗っている列車の廃止報道が各紙一斉に報道されていました。廃止理由は「客車の老朽化」と「青函トンネル内の新幹線試運転関連」。分かりきっていたこととはいえ、こうして新聞報道を目にすると落ち着かなくなってしまいます。しかもまさに今乗っている列車が無くなるだなんて!上野駅に着いた時、長いようであっという間に寝台特急「北斗星」の旅が終わった時の喪失感、行きは北海道新幹線への希望を夢見て「はやぶさ」に乗り込み、そして帰りは廃止報道の「北斗星」。そのギャップがありすぎて心の中で整理がつきませんでした。あくまで現時点では新聞報道のみでJRからの正式発表ではありませんが、受け入れなくてはいけない現実でもあります。

ただ、ひょっとしたら新幹線工事、試運転が終わったら復活なんて希望も捨てきってはいません。青函トンネル内の牽引機関車の問題や、そもそも老朽化した客車やDD51機関車の問題もありますが、完全廃止にだけはなってほしくない、と願っているのは私だけではないでしょう。JR九州「ななつ星」に代表されるクルージングトレインとは違う、日常の中の寝台特急のあり方を模索していきたいですね。「カシオペア」にもまだまだ頑張ってもらいたいし!

141205

Nikon D4 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
函館本線 札幌駅にて
関連記事
[ 2014/12/05 22:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。