北海道新幹線H5系試験走行

私が北海道へ通うようになったのは高校生の頃。当時盛岡から函館まで特急「はつかり」で行き来していました。青函トンネルが出来ているとはいえ、ずい分時間がかかるな、というのが当時の印象でした。その後東北新幹線は盛岡から八戸、そして新青森へ延伸開業。次はいよいよ津軽海峡を越えて北海道の大地に新幹線がやってくる、という希望を持ち続けて数年が経ちました。

北海道新幹線の新駅名が「新函館北斗」に決まり、新幹線車両H5系が基地に搬入され、新幹線列車名も「はやぶさ」「はやて」に決まり、あとはいよいよ新幹線車両が北海道の大地で走り出すのを待つばかり。そして今日、新幹線車両として初めて、車両基地から新函館北斗駅までの区間で試運転が開始されました。東京ではお馴染みの車両と言ってしまえばそれまでですが、ラベンダーやライラック、ルピナスをイメージさせる紫のラインが目を惹きます。激しい雨の中、取材エリアで感無量になりながら盛んにシャッターを押しました。これから冬季の試験走行や青函トンネルでの在来線との共用区間での試験走行を繰り返し行い、2015年度の開業に向けて着実にステップアップしていくそうです。

2014年12月1日、北海道の鉄道の新たな歴史の一ページが刻まれた瞬間です。

141201

Nikon D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
北海道新幹線 新函館北斗駅にて

※「北海道新幹線」としてはまだ開業していませんが、便宜上表記させていただきました。
関連記事
[ 2014/12/01 21:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する