XQDカードの実力

先週まで五日間ほど遠征に出かけていましたが、帰宅してまずはバックアップ作業開始。今回は新しく買ったXQD Sシリーズ64GB、コンパクトフラッシュ32GB×2をフルに使い果たしました。まあ五日間列車を外から中から撮りまくったのでこのぐらいにはなるかと。

今回XQDの新型Sシリーズ64GBはUSB3.0で接続されているから今まで経験したことのない速度で転送されてとてもビックリ!おおよそ10分ほどでRAW+jpeg Lの画像がPCに転送。これがD4ユーザーだけに与えられた特権なのか、と衝撃が。やっぱXQDカードってすごいな、と実感させられてしまいました。

一方、CFはUDMA7ながらUSB2.0、しかもカードリーダーは持っていなくストレージ経由だったので一枚につき一時間以上かかってしまいました。USB3.0にしたらもう少し速くなるでしょうけど、実際はどうなのかな?近々テストしてみます。

120905
関連記事
[ 2012/09/05 23:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する