スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中学修学旅行

二泊三日の行程で中学三年生の修学旅行へ来ています。普通の中学生修学旅行なら京都が定番なのですが、この学校は数年前から岩手県へ。旧山形村を中心に久慈市が体験型教育旅行を受け入れていて、自然体験や産業体験などを行うものでなかなか充実したプログラムが売りです。

初日は東北新幹線「はやて」に乗って二戸で下車、そこからバスに乗って久慈市へ。そこまでは例年と変わらないそうですが、今年は生徒に東日本大震災の経験を語るプログラムも行われ、ホールにて津波の被害映像を見ながら防災学習会。そしてバスに再び乗って三陸鉄道陸中野田駅付近を見学。今春に運行を再開した真新しい線路と、そのそばに未だ残るガレキの山の対比の光景を目の当たりにした生徒たちは言葉を失っていました。それぞれが一年経った震災の現状を少しでも考えてくれることを願って。

120531-1

生徒たちは初日は5~6人ぐらいのグループに分かれて旧山形村内の一般民家への宿泊、いわゆる民泊体験へ。これも教育旅行プログラムに組み込まれていて、東北の人のもてなしを直接感じることになります。貴重な経験ができてうらやましい!ちなみにカメラマンは先生たちと一緒に山荘へ泊まることに。

翌日からは各プログラムコースに分かれて自然体験や産業体験へ。この日の午前・午後そして翌日の午前と三パターンでそれぞれ見学や体験をすることに。まず私が向かったのは「内間木洞」。ここは洞窟の全長がとても長く、一般には公開していない貴重な鍾乳洞をネイチャーガイドの先導で探検するコース。話によると洞窟の内部はほとんど光も届かず電気もないので、私は入り口で軽く撮るのみ。機会があったらカメラを置いてでも探検したいのですが、いかんせん一般公開のない洞窟なので残念。

120531-2

次に向かったのが、その洞窟からちょっと行った先にある「シャワークライミング」。ヘルメットと救命胴衣を着け、そしてジャージを着たまま川を遡り、崖から川へダイビングしたり、滝つぼへ滑り落ちたり、それはそれはアクロバティックな体験。もちろん終わった後はビチョビチョになりながらセンターに戻り着替えるのですが、いずれにしてもネイチャーガイドがいないとまず体験できないものばかり。こちらも撮影していて気持ち良くなります。京都の定番修学旅行よりずっと楽しい!
関連記事
[ 2012/05/31 22:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。