写真展無事終了、そして…。

4月28日から始まった「湊線開業4周年記念イベント」の一環で行われた写真展「鉄道写真家たちが見た情景」。昨日をもって無事終了することが出来ました。会期中にお越しになったお客様は、記帳ベースで270名様、総計で推定500名様以上にお越し頂きました。本当にありがとうございます。

今回出展したメンバーは写真展ベテランの方から初めて写真展に参加する方まで様々で、しかしそのアンバランスさがあまり感じられない展示になったかと思います。もちろん至らない点や反省すべき点などいろいろありますが、ご来場の方々の反応を見ていると上々だったのではないでしょうか。

思えば、去年から鉄道写真家有志で始めた「チャリティー写真展」、第三回の会場となった那珂湊駅ではひたちなか海浜鉄道の皆様や湊線応援団の方々のバックアップがあって、大成功を収めることが出来ました。ここから鉄道会社や応援団、そして地域の方々との交流も芽生え、今回の写真展への参加とつながりました。

私が有志を募って立ち上げた鉄道写真家集団「Railway Graphic D.E.F.」 も、こうやって自分たちの写真が鉄道や地域に元気を与えることが出来、そしてその地元で食べたり飲んだり泊まったりと、微力ながら地域経済に貢献できたりすることに喜びを感じているのではないでしょうか。例えば写真展を開催することによってお客さんが列車を使って会場まで来ていただき、その地域のおいしいお店でご飯を食べて、そして泊まって。さらにその地域が好きになってリピーターになってもらえるような。その地域の鉄道を通じた地域活性のために写真で出来ること。ひょっとしたら「D.E.F.」というグループはこのような活動がベースになっていくのではないか、と青写真を描いています。もしどこかで企画があればすぐにでも動けるようにしたいですね。

120506

写真展が終わった夜、中根の山桜がきれいな場所で地元のご好意により慰労会に招かれました。その会場へ向かう途中、きれいな月が輝いていたので、湊線の列車と一緒に撮影。すべてのイベントが終わった開放感からくるお酒の美味さときたら…。ちなみに、前身の茨城交通が開業して今年で99周年ということは来年は100周年!さっそく来年のイベントの参加打診もあったような…?
関連記事
[ 2012/05/06 21:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する