写真の力

いよいよ開催が迫ってきた「鉄道写真家たちが見た情景」。28日午後からオープニングですが、ひたちなか海浜鉄道開業4周年イベント やCPX などのイベントは29日に行われるので、どちらかというと29日に来ていただけたらいろいろ楽しめます。

さて、今回の写真展では湊線応援団の方々含めて総計19名で那珂湊駅構内の保存車両内で基本的に一人ワンボックスを使ってそれぞれ空間を作り上げる構成になってます。写真家それぞれの世界観が楽しめるかと思います。

そんな中、私は久々にモノクロネガを引っ張り出してきて、レンタル暗室で紙焼きして展示することにしました。デジタル全盛期において、アナログチックなモノクロプリントでどう表現して、見ていただく方々にどう訴えていけるかを考え、作品をチョイスし、紙焼きをやってみました。残念ながらバライタではなくRCプリントですが、それでも納得いく作品に仕上がったと自負しています。

最近は小手先の技術だけで写真をやっている傾向が所々見受けられますが、今回の写真展では、作家それぞれが一枚一枚丁寧に作品を作り上げ、技術以上に生み出す「写真の力」を提示していくことでしょう。

ぜひ会場に来ていただいて、作品に触れ、作家たちと交流をしていただけたら幸いです。

120426
関連記事
[ 2012/04/26 20:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する