スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

C62ニセコ号 最後の力走 7

111029

こちらは機関庫にて。煙と油のにおいが充満する庫内はC62が重連で急行「ニセコ」などを牽引した現役時代を彷彿。もちろんその時はまだ私は生まれていないが、何となくタイムスリップした感覚にさせられる。
C62 3号機が再び火を落として約20年の歳月が過ぎようとしている。現在は二両のC11が北海道内を駆け巡っているが、やはりC62の迫力は比ではない。いつかまた本線を走行する光景を見たい。そう思っているのは私だけではないはずだ。

Nikon FM2 / Ai Nikkor 135mm F2.8S / Fuji RDPⅡ
函館本線 小樽築港機関区にて(許可を得て撮影)
関連記事
[ 2011/10/29 07:00 ] 汽笛協奏曲 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。