モノトーンの世界

100305

夕方に一本存在する松尾八幡平駅折り返し列車。普段の下りホームでヘッドライトを照らしながら発車を待つ。こうやって写真を振り返ると、列車の赤い帯以外はあまり色らしい色も見受けられなく、モノトーンな世界が作り上げられていた。

カメラ : Nikon D200
撮影地 : 花輪線 松尾八幡平駅にて
関連記事
[ 2010/03/05 07:00 ] 東北鉄道風土記 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する