駿河富士五景

厳しい冬型の気圧配置が緩むのを見計らって富士山を撮りに静岡県まで行って来ました。案の定、風も雲も無い晴天!あまりにも気持ちが良かったので、一日で静岡県内にて撮影した富士山と鉄道を絡めた五景を一気にご紹介します。

日の出直後は東海道新幹線にて朝焼けの写真を撮りに行き、いったん御殿場方面へ戻りました。新宿行き特急「あさぎり2号」が順光の良い時間に御殿場駅を出るので、有名な撮影地狩屋踏切にて狙いました。沿線には約10名ほどのカメラマンたちが構えていましたが特急通過後は一斉退散。私はこの後やって来る普通電車も二本撮影。

170126-1

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
御殿場線 足柄~御殿場にて

伊豆縦貫道を使って修善寺行き特急「踊り子」を狙いに伊豆箱根鉄道へ。沿線に着いて車を停めて踏切に行くとちょうど普通電車がやって来ましたが、西武鉄道を彷彿させるリバイバルカラー(?)の車両がいきなり来てビックリ。こんな電車が走っていたなんて全く知らなかったので…(汗)。

170126-2

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
伊豆箱根鉄道 三島二日町~大場にて

朝に行った東海道新幹線の富士山バック撮影ポイントに行くと多くのカメラマンたちがすでに集結。この日は「ドクターイエロー」が走る日で、しかもこんなにきれいな富士山が雲一つない状態で見えていたので条件は最高!もちろん私も撮影しましたが、ここではあえてN700系同士のすれ違いシーンをご披露いたします。

170126-3

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
東海道新幹線 三島~新富士にて

「ドクターイエロー」を撮り終えて、すぐ近くを走る岳南電車も撮っておこうとまずは比奈駅に向かいました。貨物列車が廃止されて久しくなりましたが、比奈駅構内の貨物用入れ替え線路ははがされてコンクリートで固められた状態。機関車は今も岳南富士岡駅に留置されていましたが、もう動くことはないのでしょうか…(汗)?

170126-4

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
岳南電車 吉原~ジャトコ前にて

そして最後は由比宿の薩埵峠へ。実は普段夜明け前に通過するはずの寝台特急「サンライズ出雲」が伯備線の大雪などで大幅遅れで東京に向かっているという情報を聞き、影の心配もあったけど一か八か薩埵峠へ。残念ながらみるみるうちに影が線路に忍び込み、高速連写した中で唯一車両と面に光が当たっているカットは架線柱や碍子にモロ被り。影の部分をD-ライティングで明るくする方法もあったけど、まあこれはこれで仕方ない、と諦めようと自分に言い聞かせています。ちなみに「サンライズ」がやって来る10分前はご覧のようにまだ線路に日は当たっていました。ちょうど貨物列車同士が良いタイミングですれ違ったのでこちらを採用しました。

170126-5

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
東海道線 由比~興津にて

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村(クリックで応援お願いします)
[ 2017/01/26 22:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

「TRAIN SUITE 四季島」東海道線試運転

横浜のヨドバシカメラに行くついでに特急「踊り子」でも、と思って一応機材を抱えて東海道線に乗り込んだら、各駅ホーム先端やら線路際に多くの鉄ちゃんがいたから、何が来るんだろう、と思って行ったらまさかの「四季島試運転だったと。しかも貨物迂回もあって(聞くところによると根岸線で甲種回送もあったそうな)、わずか一時間の間に前菜の「四季島」、主食の「踊り子」、そしてデザートのEF64牽引貨物迂回という、私にしては珍しくネタ三昧フルコースでした(笑)。
以前この車両の甲種輸送は撮ったことがあるけどフル編成で走行シーンを見たのは初めて。なかなかクセのある車両だけに、何度も撮らないとその良さがわからないですね。

170117

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR(×1.5クロップ)
東海道本線 東神奈川~新子安にて

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村(クリックで応援お願いします)
[ 2017/01/23 10:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

関西遠征

2017年になりさっそく旅行でも…、と思っていましたが、いろいろあってまずは仕事絡みで関西遠征へ。当初は青春18きっぷを使って往復しようかと思っていましたが、発売が去年末までだったのをすっかり忘れていたので、「ぷらっとこだま」すら使えず至って普通に新幹線で往復。でも時間をお金で買った、と言いますか、三日間でゆっくりと大阪の街を撮り歩くことが出来ました。その様子をちょっとご紹介。

まずは去年末に新型車両323系が運用を開始した大阪環状線へ。京橋駅にたどり着くと早速323系と遭遇、少し半逆光気味になるけど福島駅で走行写真を撮影。ここは400mmで撮れば編成がきれいに写りますね。そしてそのまま乗車しましたが、とても乗り心地が良くていつまでも乗っていたい気分でしたが、残念ながら天王寺駅で下車。

170109-1

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
大阪環状線 福島~野田にて

天王寺駅より阪堺電車に乗り換えて住吉大社へ。毎年初詣の季節では多くの参拝者で賑わうそうで、路面電車とその賑わいの様子を一度撮ってみたいと思い、行ってみました。ピークは過ぎた新年4日に訪れましたが、境内のお祭りはその日までやっていたので、滑り込みセーフ。ただ、去年1月に廃止された住吉公園までの支線に行くことができず、古豪車両もあまり運用されなくなってしまって時すでに遅し感がいっぱいでした。でもキティちゃん装飾の「HELLO KITTY LOVES すみよし」ラッピング電車もやってきてくれたので、まあ良かったです。

170109-2

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
阪堺電気軌道 住吉鳥居前にて

関西遠征最終日は阪神電車に乗って神戸方面へ。実は阪神電車は私が高校生の頃、母校横浜高校が甲子園に出場するのでその応援に行くのに乗って以来。卒業からすでに25年以上経っていて見たこともない新車ばかり走っていて浦島太郎状態でしたが、武庫川線に今もなお昔の車両が走っていると聞いたので行ってみました。片扉3ドアの懐かしいカラーリングの車両を見ると、ああ阪神電車ってこの色だよね、と思う反面、関東の人間からしたら思いっきり小湊鐡道にしか見えなかったり…(笑)。

170109-3

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
阪神電気鉄道武庫川線 武庫川~東鳴尾にて

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村(クリックで応援お願いします)
[ 2017/01/09 22:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

2017年スタート

170101

新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

実は生まれて初めて初日の出を見に行ってきました。朝が弱いせいでなかなか朝の活動が疎かになっていましたが、ちょっと気合い入れて家族で江ノ電沿いの七里ヶ浜海岸へ。昨日の大晦日も鎌倉高校前駅で2016年最後の日の入りを見ただけに、ちょっと感慨深い初日の出となりました。幸先の良いスタートが切れた感じです。この調子を一年間維持できるかが課題ですが…(汗)。

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
江ノ島電鉄 七里ヶ浜~稲村ヶ崎にて

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村(クリックで応援お願いします)
[ 2017/01/01 23:30 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

只見線復旧!そして…、

2011年7月に起きた新潟・福島豪雨によって3本もの鉄橋が流されてしまった只見線会津川口~只見。以来ずっと不通となってしまいバスによる代行輸送が続いていました。あれから5年半ほど経ち、本当に復旧するのか、ひょっとしたらこのまま廃線か、という雰囲気もありましたが、地元の強い要望により上下分離方式による鉄道での復旧がようやく決まりました。沿線自治体で赤字部分を埋める覚悟があっての復旧ということを忘れてはいけません。

私は2001年に蒸気機関車が復活運転して以来、沿線の魅力に取りつかれて幾度となく通い、当時の「team只見」や現在の「写好景嶺」のメンバー、そして沿線で出会った仲間たちと共に只見線の四季折々の情景を発信してきました。今回の復旧発表を心待ちにしていた仲間も多いことでしょう。それと同時にここからがスタートだと自負する気持ちもまたみんな同じでしょう。奥会津振興のためにみんなで知恵を出し合って、どうしたらいろんな人に只見線に来てもらえるか考えていきたいです。

実は先日「只見線ミーティング」で発言したかったけど時間の都合で言えなかった素人なりの提案なのですが、よくある観光列車(リゾート列車)を只見線でも運行。ただし新製や改造は余計なお金がかかるので、先日新型車両導入で働き場を失った五能線「リゾートしらかみ」のブナ編成をそのまま只見線に導入。それを二両ずつに分けて、郡山始発と浦佐始発の片道ずつ新幹線に接続する形で運転する案。また会津柳津駅の使われていないホームをカフェ等で活用。春になればそこから満開の桜や列車そして駅舎を眺望する案などなど。実現可能か不可能かは分からないけど、いろいろ面白いアイディアを出していきたいですね。

161226-1

Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
只見線 会津川口~本名にて(※水害直後の只見川第五橋梁)

今夏訪れた不通区間の本名駅。実は私が只見線で一番好きな場所。集落の中に駅があって線路と人の営みが一体となる光景が見られます。列車が走っていた頃はそれなりに人気も多く、何度となくスナップ撮影をさせてもらいましたが、草むらに埋もれた錆びた線路の現在の駅周辺はとても物静か。多分に漏れず本名集落も高齢化が顕著に表れています。かつての賑わいは果たして戻ってきてくれるでしょうか…(汗)?

161226-2

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
只見線 本名~会津越川にて

被災区間ではありませんが、只見線の魅力を全世界に知らしめた只見川第一橋梁。三島町が登山道を整備して誰もが気軽にこの光景を眺望できるようになりました。私が最初に訪れていたころとは大違い。沿線の熱意がここまでさせています。末永く愛される只見線を作り上げるために、これからも只見線の魅力を発信していきたいです。

161226-3

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
只見線 会津桧原~会津西方にて
[ 2016/12/26 22:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

石勝・根室本線復旧!しかし…、

今夏の台風で鉄橋が流出されるなど大きな被害を受けた石勝線根室本線、急ピッチで復旧工事を終えて本日より札幌~帯広・釧路間の特急列車が運転再開。それまでトマム~帯広間で代行バス輸送だったので、所用時間が余計にかかり、乗り換えで手間がかかっていました。そして年末年始の繁忙期を前に待望の鉄路復活です。

写真は今秋の渡道した際に撮影したトマム行き臨時特急。「スーパーおおぞら」と「スーパーとかち」の車両が交互に使われていましたが、いかんせん一日三往復しか運転されておらず、貨物列車すらやって来なかったので、高規格な線路がありながら超ローカル線と変わらない運転本数でした。

161222-1

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
石勝線 新夕張~楓(信)にて

でも今回の運転再開で手放しに喜べないのは、未だに根室本線東鹿越新得(西新得信号場)の間が廃止前提により復旧工事が行われておりません。こちらは東鹿越落合間で代行バスが運行されていますが、落合新得は公共交通機関での移動はいまだにできない状態。この間は酷道38号線狩勝峠があり、これからの冬場は運転が大変になる時期。ここが鉄路でつながってくれないと、旭川と帯広という北海道の中でも大きな都市間が行き来できなくなります(都市間バスは運行中)。

161222-2

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
根室本線 幾寅落合にて

JR北海道は廃止対象区間に根室本線富良野~新得間も上げていますが、ひょっとしたら今後道内のクルーズトレインを運行するとなると、観光地の富良野と道東を結んでくれるだけに重要なルートとなるでしょう。地元自治体だけに留まらず、上川・十勝管内で知恵を出せば何かしらの活路はあるかと思います。最低限ここだけでも鉄路を消してはいけません!

161222-3

Nikon D5 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
根室本線 落合駅にて
[ 2016/12/22 21:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)

日高本線復旧断念

高波による災害のため不通となっていた日高本線(鵡川~様似)、JR北海道から鉄路による復旧を断念してバス転換への協議に向けた動きがついに始まってしまうようです。
(プレスリリースはこちら。http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161221-4.pdf

苫小牧から高規格道路(日高道)の延伸も続いているので、正直鉄路による全線復旧は厳しいと予想はしていたので、諦めはついてはいましたが、風光明媚な海岸沿いや牧場の中を走る姿がもう見られないかと思うと本当に残念でなりません。
でも沿線自治体の一部も、災害区間ではない鵡川~日高門別までの復旧に向けた動きもあるようなので、とにかくここだけでも復活してもらえるよう祈るしかありません。

私が災害前の最後に日高本線を訪れたのは2014年6月。江差線や寝台特急の撮影で渡道していた時、午後から晴れてきたので何となく日高本線へ行ってみようと思い、車を走らせました。サラブレッドの牧場の中を走る日高本線は海岸沿いとはまた違う、沿線の特徴が良く表れる名スポットでした。

161221-1

Nikon D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
日高本線 荻伏~絵笛にて

日高本線と聞くと海岸沿いを思い浮かべる方も多いようですが、静内以遠は意外と山間部を走行します。その傍らには通票時代の「ハエタタキ」が忘れ去られたかのように点在している個所もあります。

161221-2

Nikon D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
日高本線 本桐~荻伏にて

そして海岸沿いのハイライトは夕景のシルエット!日高本線で撮影された方はまずここへ来るだろうと思えるぐらいの名撮影地。しかしこのカットが日高本線の最後の光景になるとは予想だにしていませんでした。

高波による災害運休の期間中も、無理だとはわかっていても鉄路による復旧を願っていた一人として、今回の復旧断念は本当に残念だけど、昨今の取り巻く状況を考えるとやむを得ないとしか言いようがありません。ここ以外にも石勝線(夕張支線)はすでに廃線に向けた協議が始まり、札沼線や留萌本線も廃止に向けた動きが活発化しています。そして日高本線と同じく災害で不通となっている根室本線富良野~新得間も利用者低迷を理由にバス転換への道をたどろうとしています。これ以上北海道の鉄路が消えている様を見過ごすことしかできないのか、歯がゆさだけが残ります。

161221-3

Nikon D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
日高本線 節婦~新冠にて
[ 2016/12/21 22:00 ] BLOG | TB(-) | CM(0)